日当たりの良い賃貸物件のメリットは?

賃貸物件を選ぶ上で重要な部屋の向き

賃貸物件を探す時に、建物の立地や周囲の環境は重要です。居室の向きも注目すべき選択基準の1つになります。最もポピュラーなのは日当たりの良い南向きです。東向きだと夜明けとともに朝日が部屋に入り、爽やかな朝を迎えられます。西向きの物件は、日没前の西日が入りますが、西側には窓の少ない建物が多く、採光が十分とは言えないかもしれません。北向きの物件は日当たりが悪くて物件自体が少ないものの、その分家賃が安く夏は涼しく過ごせるでしょう。実際には、南東向きの物件が多く、賃借人に人気があります。

なお、物件の紹介ページに南向きと記載されていても、敷地内に賃貸人の居宅が物件の南側に建てられていて陽射しが入りにくいケースもあるので注意しましょう。

日当たりの良い物件のメリットと注意点

日当たりの良い物件は、洗濯物が乾きやすく、室内に日光を採りこめて健康的な生活を送れます。日中留守にする日でも、カーテンを開けて採光すれば、室内干しでも洗濯物を乾かせるのです。居住者の体内時計が正常に作動し、昼夜逆転することなく規則正しい生活を送れるでしょう。窓のカーテンを開けて日光を室内に入れると、湿気が溜まりにくくカビの発生をおさえるほか、紫外線が室内を殺菌し、雑菌の増殖を防止できます。日中カーテンを開けておけば昼間は室内が十分明るいことから、照明に使う電気代も節約できます。

ただし、毎日1日中カーテンを開けて日光を採り入れていると、室内の壁や畳が日焼けしてしまうおそれがあるので注意しましょう。